為替に関するアドバイス

為替に関して私より少し早い時期から勉強を始めたばかりだというのに、あっという間に毎月1万~2万円前後の利益を挙げている長男の嫁。長男の嫁は株も初心者のはずなのにすごいです。

彼女は好奇心が旺盛で、FXをやり始めたのだそうだ。

私同様、FXに関するブログをやっているそうだが、そこでアフィリエイトをやっているそう。
なかなか報酬はもらえないそうだが、どうやったら報酬がもらえるのかとあれこれ考えるのが楽しいのだとか。

長男の嫁は、根っからの向上心旺盛な女性のようです。
だから、会社初の高卒からの総合職になっているのでしょう。

何事も新しいことに挑戦するには、好奇心と向上心がないと務まらないのでしょう。
為替の知識を身につけたいという向上心なら長男の嫁ほどではありませんが、私も持っています。
私は私のペースでこれからも、為替とは一体どのようなものなのか、為替についてくわいしくなり、為替を利用して私の小遣いを増やしていければいいですね。

と言っても、まだまだ実践には恐ろしくて入っていけそうもありません。

大切な退職金は、やはり慎重に扱わなくてはいけませんからね。

そういったわけですから、私はまだまだFXの知識気はゼロに等しいです。
ただ、長男の嫁からは、「初心者レバレッジに手を出すべからず」とくぎを刺されています。
資本金(証拠金)の何倍もの額の取引を行うことのできる方法だそうですが、プラスになればいいのですが、損が出た場合の損益がかなり大きいということで、これを利用したがために、多大なる損益を被った初心者が多いのだとか。

そういったことにならないためにも、為替についてじっくり勉強しているのですが、被所に参考になる長男の嫁の意見。
しっかり覚えておくこととしておきましょう。

為替の呑み込みが早い人

定年を迎え、退職金の一部を自由にしていいということで、将来的には、外国為替証拠金取引(FX)を始めようと只今為替について勉強中のものです。

我が家は階段でつながっているとはいえ、ほぼ独立している二世帯住居のため、お互いの家庭にあまり干渉しないのですが、孫娘が誕生日ということで、共働きでは平日にパーティーの準備は大変だろうと、1階にある私たち夫婦エリアで孫娘の誕生祝いをしようということに。

夕方家族全員が私たちの今に集合することは非常に珍しい。

楽しく孫娘の誕生日を祝っていると、長男の嫁が、
「あら」と私の最近のバイブルになりつつある、FX関連の本に目をやった。

如何やら、彼女も最近FXを始めたようで、長男曰く、暇さえあれば、ネットでいろいろと勉強しているらしい。

さすが才女。
彼女は、高校卒業後、一般事務職で就職したにも関わらず、その才能から今では総合職になり、大卒の男性を従えている、長男にはもったいないほど頭のいい女性です。

「お義父さん、fxならスワップも勉強したほうがいいですよ!」
行動派の彼女は、すでに為替に関しては随分詳しくなっているようで、初心者ながら、勝率は6割5分程度。

しかも損益を出来る限り小さく抑えることから、最近では、月々で換算すると、自分の小遣い程度はこれで捻出しているそうだ。

若い人は、為替などの難しいことでも、すぐに飲み込めて言ってしまうのですね。
それとも、長男の嫁が為替を読むセンスがいいのか・・・。

私はまだまだFXを始めるまでには至ってなさそうです。

国内の為替の歴史と外国為替

日本国内における為替のルーツは鎌倉時代にまでさかのぼると言われています。
その当時は金銭だけではなく、年貢の先取り権利として米もこの為替によって受け取ることができたようです。

しかし、今の為替に大きくかかわってくるのは江戸時代になってきてから。
江戸と大坂との商人たちによる物産の売買を為替を使って行うようになり、また、両替商たちによって、信用を高められていったようです。

そして現在の為替システムへと変わってきているのですが、これまでは、日本国内における為替の基礎について勉強してきました。

日本国内の為替について少しわかってきたところで、為替の初心者としては、外国との為替の取引について広く見ていこうと思います。
さあ、これからが為替についての勉強の本題に入っていくわけですね。

ずいぶん時間がかかっていますが、この調子で為替について少しずつ知識を増やしていこうと思います。

外国為替とは、日本と諸外国のように通貨の異なる相手との間で現金を直接送金することなく、送金小切手や為替手形などによって行う取引の方法のことです。

その国の貨幣の価値が異なるため、その差(外国為替相場)が起こることになります。

円とドルとの関係は、今は円高が進んできていますが、数年前は、円安・ドル高で、
1ドル=130円台と言う時代もあったほどです。

そうなる前は、
1ドル=110円弱という時代もあり、劇的に変化することはないけれど、年単位で相場は変わっているように感じます。

為替に興味を持ちました。

皆さんはじめまして。

どういって始めたらいいのか分からないのですが、先日誕生日で定年退職したおじさんです。

団体職員と言うこともあって、退職金はナントカもらえる見込みです。
堅実な妻のおかげで、貯蓄もあり、長男が同居してくれているので、自分たちがあと数十年生活していけるだけのお金は何とかなりそうです。

妻が定年まで頑張った御褒美にと、退職金の3分の一を自由に使っていいと言ってくれました。

そこでこの退職金を何に使おうかと思っていた矢先、テレビで株や為替についての特集をやっていたので、のめりこまない程度にこちら関係を始めてみようかなと思っています。

そのためにも、まずは為替について勉強していこうと思います。
素人が始めるには難しいかもしれませんが、こうして一日中時間があるのだから、ゆっくり勉強していても、時間は余るほどです。
また、何か難しいことでもしていないと、ボケてきそうで怖いのです。
妻には妻の生活ペースというものがあり、友人との付き合いに、生け花教室や陶芸教室にと忙しいらしく、幸い私が一日中家にいることに対して妻は「昼食の準備はしませんが、勝手にしていて構いませんよ」と世間で言う邪険に扱われるということはないようなので、リビングでゆっくり勉強できそうです。

素人が始めると失敗するとかなり痛いと言われている株や為替。

だからこそ、慎重にやっていけば、大丈夫ではないかと思っています。

世間で言う退職金や年金でお気楽に暮らせる身分とは程遠く、また、エリートで為替にも詳しかったわけではないので、為替の基礎の中の基礎から始めていく所存です。
どうか温かい目で見守って言ってやってください。

経済