為替介入

為替介入というものをご存知でしょうか?先日日銀が介入して新聞やTVのニュースでご覧になった方も多いと思います。そもそも為替介入というものは日本では、

財務大臣が円相場の安定を実現するために用いる手段

として位置づけられています。簡単に言うと、極端な円高・円安の時に財務大臣の指示のもとに日銀が円を売り買いして円相場の安定を狙う。というものです。

為替介入には種類があります。

単独介入・・・政府・日銀が、東京市場において自ら市場に参加して介入を行なう

②協調介入・・・複数の通貨当局が協議のうえで、各通貨当局の資金を用いて同時ないし断続的に為替介入を実施する

③委託介入・・・海外の通貨当局に対して介入の実施を委託する

④逆委託介入・・・日銀が海外通貨当局に代わって介入を実施する

このような種類があります。いずれの為替介入も一時的、もしくは継続的に市場に大きな影響を与えます。為替介入の金額はさすがに国家の威信をかけて行うだけに桁違いです。円ベースで考えると、普段は数銭単位で変動している円レートがいきなり数円の変動をします。

個人投資家の方なら一度は経験があると思うのですが、今まで順調に含み益(または含み損)を増やしていたポジションを持っていたところ、そのポジションが決済したとの連絡がFX業者からメールが・・・いくら儲かったのかな(損したのかな)?と思いながら決済されたデータを確認すると、自分が思っていた事と正反対の結果になっていて目が点になってしまうということがあります。為替介入が行われるとよくあることです。

このように為替介入を行うと、市場のトレンドと正反対の動きをします。しかも動く金額の大きさはものすごく大きく動きますので注意が必要です。

ファンダメンタルズ分析とJASDAQ について

イロイロと難しい言葉の羅列に、心がくじけそうになる日々、いかがお過ごしでしょうか?

FXの分析手法に「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」が存在することをご存知でしょう。ここでは「ファンダメンタルズ分析」に焦点を当ててみたいと思います。とはいえ、私も難しくて長男の嫁にイロイロと話を聞くことが多いので、偉そうには言えないのですが。

要は、企業業績や財務と言った、株価を動かす要因となる基本的なところです。これを見る事によって、株価が割安か、今後利益を伸ばせるかなどが分かります……と言うのは株の話ですね。FXにおけるファンダメンタルズ分析とは経済の基本を分析することで、将来の為替の動向を予測する分析方法なのです。もう一つのテクニカル分析は一定期間の為替相場の値動きを見て、現在が「売り」か「買い」かを判断する指標とします。テクニカル分析が良く的中するのと、ファンダメンタル分析が難しいというので、初心者はテクニカル分析に頼り気味だそうです。しかし、中長期的な外国為替レートの予測はファンダメンタルズ分析しかできないそうなので、多少難しくても覚えておいたほうがいいようです。JASDAQ(ジャスダック)はご存知の通り、「金融商品取引所」です。日本初の成長・ベンチャー企業(新興企業)向け市場で、今や東京証券取引所の市場第二部を凌駕するまでに至っているそうです。また、日本版NASDAQ(ナスダック)と位置づけてされているそうですが、現在のヘラクレス(旧ナスダック・ジャパン)とは別市場です。

為替に関するアドバイス

為替に関して私より少し早い時期から勉強を始めたばかりだというのに、あっという間に毎月1万~2万円前後の利益を挙げている長男の嫁。長男の嫁は株も初心者のはずなのにすごいです。

彼女は好奇心が旺盛で、FXをやり始めたのだそうだ。

私同様、FXに関するブログをやっているそうだが、そこでアフィリエイトをやっているそう。
なかなか報酬はもらえないそうだが、どうやったら報酬がもらえるのかとあれこれ考えるのが楽しいのだとか。

長男の嫁は、根っからの向上心旺盛な女性のようです。
だから、会社初の高卒からの総合職になっているのでしょう。

何事も新しいことに挑戦するには、好奇心と向上心がないと務まらないのでしょう。
為替の知識を身につけたいという向上心なら長男の嫁ほどではありませんが、私も持っています。
私は私のペースでこれからも、為替とは一体どのようなものなのか、為替についてくわいしくなり、為替を利用して私の小遣いを増やしていければいいですね。

と言っても、まだまだ実践には恐ろしくて入っていけそうもありません。

大切な退職金は、やはり慎重に扱わなくてはいけませんからね。

そういったわけですから、私はまだまだFXの知識気はゼロに等しいです。
ただ、長男の嫁からは、「初心者レバレッジに手を出すべからず」とくぎを刺されています。
資本金(証拠金)の何倍もの額の取引を行うことのできる方法だそうですが、プラスになればいいのですが、損が出た場合の損益がかなり大きいということで、これを利用したがために、多大なる損益を被った初心者が多いのだとか。

そういったことにならないためにも、為替についてじっくり勉強しているのですが、被所に参考になる長男の嫁の意見。
しっかり覚えておくこととしておきましょう。

外国為替証拠金取引

今回も、円とドルの関係についてから入っていくことにしましょう。

消費者や旅行者からしてみれば、輸入品が安く手に入ったり、海外旅行へ低価格で行くことができることなどから、円高が好ましいと思われますが、日本は車など、輸出で外貨を稼いでいます。
円が高くなると、それだけ輸出品が高くなってしまい、輸出品がなかなか売れなくなってきてしまい、日本全体の生産量が減ってきてしまうため、賃金も下がり、最終的には生活水準そのものが下がってきてしまうので、円高ドル安をもろ手を挙げて喜ぶわけにはいかないそうです。

そんな円の価値が高くても、安くてもメリットもデメリットもある円とドルの関係ですが、最近は外貨と円との外国為替相場を利用した為替の取引に注目が集まっています。

そう、私も実はそこを目指して為替や、外国為替証拠金取引について勉強している人間です。

人気急上昇の外国為替証拠金取引は、人気急上昇なだけに、悪質なところも出回っています。
ある程度落ち着いてくれば、口コミもどんどん増えてくるので、悪質な為替業者と言うのは暴かれたり、経営が成り立たなくなってきたりするものですが、まだまだ優良な為替業者と混在しているので、為替業者選びは、口コミサイトや信頼性のあるサイトを見て吟味する必要がありそうです。

特に私のような為替に対して無知に等しい人間ほど、おいしい話に飛びつきやすいので、為替業者の選別は慎重に行っていく必要があるでしょう。

経済