基礎知識:為替とは

今回は為替の基礎的要因についてのお話です。

為替とは「直接現金の送金をなすことなく資金授受の目的を達成すること」です。一般的に為替とは主に外国為替を指すことが多いです。外国為替とは二国間の通貨の交換のことです。海外旅行をしたことがあれば、必ずといっていいほど外国為替の経験があるはずです。銀行で旅行先の通貨に両替すれば、それは外国為替です。

為替レートとは、買いたいと思う人と売りたいと思う人の価格を表したものです。銀行間の取引によって決定されます。その銀行はマーケットメイカーと呼ばれる世界中の銀行です。為替の相場は様々な影響を受けて休むことなく刻々と変動します。

相場を動かす要因として、ファンダメンタルズが考えられます。ファンダメンタルズとは経済動向、経済の基礎や条件のことです。その国の経済成長率や経済指数・物価指数・金融政策・国際収支・失業率・要人発言などの要因によって相場は変動します。
特に国際収支と失業率は重要です。国際収支とは、日本でいうと財務省の委任で日本銀行が通関統計を基に作成した外国との一定期間の経済取引を記録したものです。統計は中央省庁や中央銀行のホームページなどで確認できます。
雇用統計・失業率も重要視されることが多い要因です。特に米国雇用統計は注目されます。毎月発表され、調査の対象が幅広いことが特徴です。

為替相場の動きは経済の動きなのです。
経済の動きを見極めることによって為替相場の変動予測が可能と言えます。

経済