世界マネー事情①国際銀行IMF

世界のマネーの動きを学んで、外国為替とは何かを知り取引を少しでも有利にしたい!と考えまして調べたことをみなさんにもご紹介しようと思います。
世界・国際銀行のような存在「IMF」、外国為替をするなら知っていても損は無いでしょう。知っているとちょっとかっこいい言葉にもあげられているとか、いないとか。今回はそんなIMFについて少し調べてみました。ご参考になれば幸いです。

IMF(International Monetary Found)とは国際通貨基金のことです。1944年7月にアメリカのブレトンウッズで開かれた連合国通貨金融会議によってIMF協定が調印され、1946年3月に設立されました。IMFは加盟国が通貨に関して協力し、為替相場を安定促進させて世界の金融秩序を守り、為替制限を撤廃させて世界貿易の拡大、経済成長の促進を促す役割を担っています。現在IMF加盟国は180カ国以上あり、日本は1952年に加盟しています。IMFの具体的な活動は、国際的な経済危機防ぐため①監視して②加盟国から融資を集めて③金融制度を整備し④統計を作り⑤技術支援を行い⑥結果に応じて資金の貸し出しを行うこと、などです。あと貸し出した資金と利子の回収もあるんでしょうね、きっと。その辺のことがくわしく書かれている説明を見つけられませんでしたが、貸した金はきっちり回収する組織なようですので(個人的には一番興味のあるところだったのですが…)。
IMFは、国から集めたお金を国に貸し出す世界の銀行のような存在です。

経済